モンゴル国際現代音楽祭
〜ROARING HOOVES 2005〜

  Ulan Bator - South Gobi - Khuvsgul Lake
   2005年6月20日 〜 7月3日

モンゴル国際現代音楽祭・ROARING HOOVESとは(一部パンフレットより訳)

国も考えも違う世界各国からの音楽家達がモンゴルの美しい風景に集い、平和を願う国際現代音楽祭。
演奏会は首都ウランバートル、南ゴビ砂漠、クーヴスブル湖の各地で行われた。
参加者達は伝統音楽と現代音楽とを見聴きし、感じて共有するのです。

参加者は (現代音楽)ドイツ・インド・イギリス・スイス・アメリカ・オランダ・日本・台湾
(伝統芸能) モンゴル・ロシア・アゼルバイジャン・カザフスタン・タジキスタン
そして韓国からはShaman(呪師)たち、その他ゲストとしてオーストラリア・イタリア・中国・フランス・
モルドヴァなど、世界各国からモンゴルに集結。

パフォーマー達は、ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・声楽・バロックフルート・Oboe&Flute&Pfトリオ・
Sax&Accordeon Duo・Sax&Percussion Duo・Hand Drums・打楽器アンサンブル・ダンサーなど



私はFreiburg Percussion Ensembleメンバーとして参加しました。

Home  /  Reportへ戻る / モンゴル日記  ・  ・  
モンゴル日記 1 /  2  /  3
Reportへ戻る